読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クイズサークルえどきゅう」公式ブログ

初・中級者向けの早押しクイズからおバカなバラエティ企画までいろいろやっている、クイズサークル「えどきゅう」のブログです。

MENU

【船堀記念2016】例会報告その1:まずはガラポンでチーム戦を、編

船堀記念2016 例会レポート(総合) 定例会報告(総合) 定例会報告-2016

f:id:tony_togo:20160121231240j:plain

※写真中心の報告記です。何回か連載で掲載いたします。

その0:午前中はフリバ会を…。

この日は会議室を午前中から借りておりまして、有志で早押しクイズの練習会(通称:フリーバッティング→フリバ→フリバ会)をやっておりました。

f:id:tony_togo:20160121231231j:plain

f:id:tony_togo:20160121231857j:plain

だんだんと人が増えてきまして…。

f:id:tony_togo:20160121231232j:plain

1抜けした人が次のセットの問読み、という形式でして、何度か交代で早押しの練習を。なかなか鋭い押しを見せる人が何人もおり熱い戦いでした。

f:id:tony_togo:20160121231910j:plain

そんな中、むろかつは早い昼飯を…。ちなみに熱湯は同じフロアの給湯室で90度前後のお湯が24時間出るようになってるので、こういうカップそば/うどん/ラーメンで昼飯代が済むってのも、タワーホール船堀さんの利点だったりします。

その1:「船堀記念」はチーム戦です。

で、準備が着々と進んでおりまして、

f:id:tony_togo:20160121231233j:plain

昼休みの真っ最中、いつも格納庫から持ってくる補助ボードをビミョーなポジションに置いてます。

f:id:tony_togo:20160121231234j:plain

ここに、この日の「船堀記念」の総合プロデューサーであるシモシモさんの「根城」が完成しておりました(汗)。ここで数々の「ダマシ」の「仕掛け」が準備されるわけですが…。

ちなみに過去4回の「船堀記念」では全くこういうパーテーションはやったことがなく、ますますプレイヤー各位を不安にさせる(笑)ことになります…。

f:id:tony_togo:20160121231239j:plain

で、午後1時、オープニングの挨拶が始まりました。

f:id:tony_togo:20160121231240j:plain

ここでシモシモさんが毎年おなじみの「ガラポン」を持ち出して、「これで5チームに分けます」と言っていました。

その2:「船堀記念」はチーム戦G1です。

そして肝心要の(?)チーム決めに入ります。

f:id:tony_togo:20160121231235j:plain

f:id:tony_togo:20160121231236j:plain

で、全員にガラポンを回してもらい、出た玉の色によってチーム分けがなされました。なお、後で遅刻で来るメンバーは到着後その都度、少ない人数のチームに補充されたり、抽選で選んだり、で、各チームに分散されてました。

f:id:tony_togo:20160121231238j:plain

そしてチームはこんな感じに。

3.で、現在、ガラポン赤玉で2連覇中の「山の神」本山さんは…。

チーム名は後で決められたんですが、

「チーム普通のクイズプレイヤー」タニシ・はお・ふかし

「チーム大会長代行」みきお・ガソダム・むろかつ(・ケーニヒ)

「チーム三流」クドー・ハマクドー・カムサ

「チーム3連覇(予定)」テトラ・はっぴー・おぐのり(・T本山)

「チーム消えるかもしれない」城島ろり・ひっさつうへの(・GORO)

…と。

ここらへんのチーム名の由来はおいおい判明していくことになりますので、どうぞお楽しみに(爆)。

しかしまあ、このチーム決め、本当に恐ろしいなあと思ったのは、

edoq.hatenablog.jp

edoq.hatenablog.jp

「船堀記念」恒例のガラポンで赤玉を出し「山の神」と称されることになった、ただいま2連覇中の本山さんは、この抽選には間に合わず、後から登場したのですが、なんと一昨年・昨年と共に優勝チームのメンバーだったはっぴーくんとまた3年連続同じチーム、ということに(汗)。 参加者全員が「驚愕」したの言うまでもありません(苦笑)。で、ここのチームはチーム名を「チーム三連覇(予定)」としておりました(爆)

 

さてここから企画本編が始まります。どんな企画が登場するんでしょうか?(つづく)

抽選ガラポン

抽選ガラポン

 
山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫)

山の神 易・五行と日本の原始蛇信仰 (講談社学術文庫)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへにほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ