読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クイズサークルえどきゅう」公式ブログ

初・中級者向けの早押しクイズからおバカなバラエティ企画までいろいろやっている、クイズサークル「えどきゅう」のブログです。

MENU

サークル紹介

f:id:tony_togo:20150810151922j:plain

(2014年12月31日 01:39:48 更新)

名称 江戸川クイズ本舗(通称:クイズサークルえどきゅう)
場所 タワーホール船堀(下記参照)
代表
・クドー(幹事長・渉外担当)
・まつもとふかし(副幹事長・音響兼場所予約担当)
・シモシモ(副幹事長・例会総括担当)
会員 約22人(A・B会員)
会費 こちらをどうぞ
活動 平均月1回(年間約12-3回)の定例会開催
おおよそ2年に1回の合宿企画
その他年数回の飲み会などのイベントあり
合宿 サークル公式の合宿は数年に1度の割合

 

もっと詳しく

「江戸川クイズ本舗」(通称:えどきゅう)は、2006年春にリニューアルしたクイズ&ゲームサークルです。もともとの母体は1992年春に創立した「成田さだ研(成田さだまさし研究会)」という、殆どクイズには関係のないサークルで、2002年・10周年を機に「クイズサークルうきゅー」に名前を変え、2006年・15年目に「えどきゅう」に再リニューアルを果たしました。
 
現在、会員は約20人、その他に、出入りおよびゲスト常連の方がだいたい15-20人程度いる状況です。
基本的に第3日曜日(8-9月は第1日曜日など、年に数回例外があります)を中心に開催されている月1回程度の定例会には近年、平均して16-8名ほどが参加しております。

男女比はだいたい9:1(出入り含)と、残念ながらヤローの比率が多いのが難点ですが、定例会には少ないながらも実にパワフルな(笑)女性会員もぼちぼち参加してきて、それなりに男性会員を圧倒してることも珍しくなくなりました。

活動は月1回の定例会、年数回の早押しクイズ練習会(フリバ会)、定例会前後には昼飯会・晩飯会などで親交を暖めたり、年に3-4回ほどの大型例会(G1と呼ばれております)や、暑気払い・忘年会などの飲み会…などを毎度楽しくわいわいやっております。

合宿やミニ旅行なども何度か開催し、それなりの「武勇伝」を作ってきました(泣)。会員・出入りの方の中には、関西地方や東北・中部地方からイレギュラーでいらっしゃる方も少なくなく、そのような方対応も含めて、定例会・会報と共に、「公式ブログ」、mixiの「えどきゅうコミュ」などを通じてのネットでの交流も含めて、サークル活動の「三本柱」として活動しています。

年間スケジュール

こちらをどうぞ。

定例会に参加する場合は?

基本的にゲストの方は随時大歓迎です(ただネームプレートの準備と企画書の配布の関係上、当日朝6時半ぐらいまでに事前にブログにエントリーしていただけると助かります)。定例会ではクイズもやっておりますが、テレビ番組のゲーム番組の企画を模した形式のゲーム企画も多数やっております。
現在、クイズ企画とゲーム企画の比率は、だいたい6:4でしょうか。ゆえにクイズが苦手な方でも全然大歓迎です(また逆にクイズが得意でゲームが苦手、という方でも充分フォローが効くことにもなります)。

主な定例会の場所

・メイン定例会会場…タワーホール船堀(旧・江戸川区総合区民ホール)
〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-1-1

・交通手段
→都営新宿線「船堀駅」北口正面(駅のすぐ隣です)
→JR新小岩駅、両国駅前、東西線葛西駅などからもバス便多し

【船堀までの主なルート】
・千葉方面→JR/都営新宿線本八幡駅から船堀へ
(京成電鉄の場合、京成八幡駅から本八幡駅まで徒歩で行けます)
・東京駅方面→JR馬喰町駅/都営新宿線馬喰横山駅から船堀へ
(馬喰町および馬喰横山は乗り換え改札で直結しています)
・新宿駅方面→京王新線・都営新宿線から船堀へ
 または、JR市ヶ谷駅/都営新宿線市ヶ谷駅から船堀へ
・上野駅方面→JR秋葉原駅/都営新宿線岩本町駅から船堀へ
・錦糸町駅・渋谷駅・東武伊勢崎線方面→半蔵門線/都営新宿線住吉駅から船堀へ

※都心方面からの乗り換えを毎度こなしてる身としては、市ヶ谷・馬喰横山がもっともJRとの乗り継ぎが楽です。ただし最も「わかりやすい」のは、秋葉原・岩本町乗り換えではないのかな、と見てます。

・車では?
→首都高速7号線では小松川ランプで右折して船堀街道を直進すると見えてきます。
→湾岸道路・首都高湾岸線からは葛西橋の手前でR357より西葛西方面に入り(荒川や首都高速と並行して一般道が走ってます)、道なりまっすぐでタワーホールのまん前に着きます。目印は都営新宿線の高架の下をくぐるのと、右手に展望台が見えてきます。
→都心方面からは荒川を渡っての船堀橋経由、または小松川ランプからは葛西方面に進行していきますと、左側に展望台のある建物が見えてきます。
(タワーホールには地下駐車場があります。ただし大安吉日の日などは結婚式場のお客さんで満杯になることもありますのでご注意くださいませ。その場合は警備員さんが他の代替施設を教えてくれますし、金額が廉価な民間のコインパークも複数あるそうです)

・主なコンビニ等
→生活彩家(船堀駅改札前)
以前はポプラというコンビニでしたが、2013/3月にリニューアルオープンしました。大きいし一番便利です。
→セブンイレブン(駅から見てタワーホールの裏手にあります)
TSUTAYAの下にあります。例会開始前は大概、誰か買い物しています(笑)
→ファミリーマート(北口の新宿線ガードのすぐ横にあります)
→マックスバリュー(南口から徒歩3分。スーパーにしては非常に安いです)
→ダイエー(船堀駅北口徒歩5分)
→オリジン弁当(南口、東京ベイ信金正面)
→ミスタードーナツ(南口、再開発ビル1階)

f:id:tony_togo:20150810154007j:plain

地図の駅が都営新宿線船堀駅。その右斜め上に隣接しているのが、タワーホール船堀。
なので、駅のホームから建物が見えるので、迷う事はたぶんないです。改札も1つしかないし。

f:id:tony_togo:20150810154058g:plain

↑こんな建物をしています(ちなみにこれ、クイズ企画の「ヒントでピント」の16分割のクイズで使われた写真です(誤爆))。

なぜ江戸川?しかもなんで船堀なの?

一応、へっぽこサークルながらも歴史と経緯ってのがありまして(笑)

[1.もともとは成田で例会をやっていた!!]
・もともとサークル(当時は「成田さだまさし研究会」)の本拠地は、創設者・むろかつが当時住んでいた千葉県成田市でした。
・むろかつ本人はその後、大学に通うために横浜→小田原で下宿生活をしていたのですが、これに合わせて毎月のペースで成田に帰省しておりました。しかしよく使ったなあデータイムグリーン回数券…。
・しかし、5年目以降、幽霊会員になってしまった地元のメンバーよりも東京方面から来るメンバーの方が大半を占めてしまったのと、更に成田さだ研と仲が良かった、春日部さだ研(今のメンバーではガソダム・ひっさつ)・グッたいむさだ研(ふかし・本山さんなど)との合同例会を機会にそちらのメンバーが遊びに来たり、むろかつが大学で所属していた「関東学院大学クイズ研究会」(今のメンバーではクドーくん)の有志も加わったのが、「クイズサークル化」した最大の理由でもあります。
・現在は、成田+春日部+グッたいむ+関東学院Q研の4団体の有志が集まってクイズサークルをやっているようなもん、という言い方もしております。なので、サークルの垣根というものがそれほどなく、誰でもウエルカムで、意外にオープンな、かつフランクなバカサークルという説もあります。

[2.都内に本拠地を移動した理由/船堀に決めた理由]
・ところが、成田で午後6時に終わらせても都心方面に戻る人たちは家に着くのが夜8-9時前後になりかねないため、1999年春から都内開催を検討される事になり、2000年春から都内に本拠地変更となりました。
・その際に選択肢のひとつとして、「もっとも千葉寄りの都内=江戸川区あたりが望ましい」という意見と、「江戸川区民以外でも使用可能」な施設を探したところ、地元・江戸川区民のまつもとふかし氏の紹介・提案により、船堀駅前の、当時は「江戸川総合区民ホール」と呼ばれていた建物が見つかったわけです(当時でオープン2年目でしたので結構あっさり予約できたのも助かりました)。
・施設は結婚式場や医療センター、小料理屋、大型書店、映画館、銀行ATMなども併設され、いつも借りる会議室もきれいそのもの。「これが公共施設なの?」と、外部からのゲストの方がびっくりする姿も何度も見かける始末でした(笑)。
・ちなみにむろかつは結婚する際に、「披露宴はここでやりたいんだけどなー」と奥さんの檸檬さんに告げたところ、「ここじゃ、サークルの定例会と同じぢゃないの!!」と、即座に却下された過去が(爆)

[3.小岩でやっていた時期もありましたが]
・ところが駅前という立地条件ながら、2000年当時は、もともとの都営新宿線と他の路線とのアクセスが予想以上に悪く、総会の時には「このアクセスの悪さはどうにかならんのか?」という意見が方々から出始め、そしてサブ会場としてJR総武線の小岩界隈の施設も使っていた時期もありました。これはむろかつ(と檸檬さん)が結婚して、一時期、小岩、更には市川というご近所に住んでいたから、予約も変更も融通が利いたという説があります(今は都内でも都下、しかも青梅線沿線に引っ越してしまいましたけど)。
・ですが、やはり駅前で交通至便、更に施設のきれいさ・安さなどは捨てがたく、小岩でメインとして使っていた小岩区民館は小岩駅から徒歩10分の距離があるんですが、狭いアーケード街の歩道を歩くため、「10分"も"歩くのか」とぼやく連中が続出したほどで、ほどなく船堀に戻る事になりました。

[4.結局、今は船堀開催がメインです]
・後年に地下鉄ネットワークが拡充されて、都営新宿線の住吉から半蔵門線(渋谷および錦糸町に出られます)、森下から大江戸線が乗り換え可能になったり、都営新宿線が昼間のみ急行運転を開始したり、市ヶ谷(=JR総武線、有楽町線→西武池袋線)や馬喰横山(=JR総武快速線、都営浅草線)、岩本町(=秋葉原駅から至近距離)などの各駅が、少しずつJRのアクセスが良くなってきており、船堀の立地条件に対して批判はなくなりました。
・近年は「各企画のニーズ」や「料金と予約期間(何ヶ月前に取れるか)」等を勘案して、船堀をメインとして使い、さらにもっと使い勝手のよい場所があったら更に開拓してみる、というのが基本的方針です。