読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「クイズサークルえどきゅう」公式ブログ

初・中級者向けの早押しクイズからおバカなバラエティ企画までいろいろやっている、クイズサークル「えどきゅう」のブログです。

MENU

2015/04月例会「第20期棋王戦」報告(その3)

例会レポート(総合) 例会レポート-テトラ 定例会報告(総合) 定例会報告-2015

f:id:tony_togo:20150510200823j:plain

続きです。いよいよ決勝です。

3R:第20期棋王戦「どきどきアイドルスターシーカー」報告(決勝/その1)

詳細ルール
http://edoq.hatenablog.jp/entry/2015/04/17/233010

決勝:「スターシーカーモード」(6人→優勝)
決勝は予選と異なり、正解するごとに「ダイスを増やす」か「ダイスを振る」かを選ぶことができます。

 ダイスを振ったときにまとめて★が出た方が高ポイント(SP)になるので、なるべくダイスを増やしてから振りたいところですが、誤答すると増やしたダイスをすべて失ってしまいますので、あまりダイスを増やしすぎるのも考えものです。

運さえ良ければたったの1問正解でも優勝できてしまう(約1/8,000ですが)このルールを制するのは果たして誰になるのでしょうか?

 

決勝進出:ケーニヒ、めっきぃ、はお、みきお、ハマクドー、ガソダム

決勝第1問は、「2001年にグレフから発売されたアーケードゲームで、盤面に敷き詰められた六角形のパネルに隠された【星】をマインスイーパーの要領で【探して】いくことにより、パネルの裏に隠された【アイドル】たちの【どきどき】するグラフィックを見ることができる、というゲームは何でしょう?」

という、この企画の参加者であれば必ず一度は聞いたことのあるタイトルを問題にしてみましたが、ハマクドーさんの答えは「アイドル」が抜けてしまい惜しくも誤答。

もちろん正解は、『どきどきアイドルスターシーカー』ですね。

決勝にふさわしく、最後の決着まで連答が一度もなく、各プレイヤーが入れ替わり正解を重ねていく混戦となりました。

 

つづきます。

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村 その他趣味ブログ クイズ・パズル・手品へにほんブログ村 歴史ブログ 歴史の豆知識へ

↑いつもありがとうございます。もしよろしければ清きワンクリックよろしくお願いいたします!!